慢性張り子症

荒井良・工房もんも 公式ブログ

produced by 花影抄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「工房もんも」のお雛様

「工房もんも」の昔ながらの手作りによる素朴なお雛様です。
高さ約8cm(男雛)で黒い板の台が付き、一組5,040円で販売しております。
お問い合わせは、Gallery花影抄 mail@hanakagesho.com まで。
よろしくお願い申し上げます。

a_blog2015021701.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/02/17(火) 18:38:56|
  2. 工房もんも

「工房もんも」の節句人形・その2


端午の節句が近づき、当工房では前回のお雛様につづき「熊乗り金太」と「鍾馗」を作りました。

「熊乗り金太」は、まさかりを担いだ金太郎が首振りの熊にまたがっています。

「鍾馗」はその昔、唐の玄宗皇帝の夢に現れ邪鬼を払ったという言い伝えがあり、
現在では子供の魔除け・厄除けの神とされています。

新宿区若松町にある諸国民芸のお店、備後屋さんにて取り扱い中。

「備後屋」-webサイト

a_blog130504_01.jpg
「熊乗り金太」(高さ約15センチ)

a_blog130504_02.jpg
「鍾馗」(高さ約15センチ)
  1. 2013/05/04(土) 22:33:53|
  2. 工房もんも

「工房もんも」のお雛様

「工房もんも」では、一昨年より若い職人が加わり、犬張り子を中心とした
郷土玩具としての張り子の復刻を進めてきました。
何種類かの作品は商品として店頭に並ぶようになり、今年に入って種類も増え、
さらに新作も予定しております。
その一つとして今回「お雛様」を製作しました。昔ながらの手作りによる素朴なお雛様です。
高さ約8cm(男雛)で黒い板の台が付き、一組5,040円で販売しております。
お問い合わせは花影抄まで。
その他の作品につきましても、いずれこのブログで紹介させていただきたいと思っております。

a_blog_ohinasama.jpg


※Gallery花影抄
eメール: mail@hanakagesho.com
電話/ファックス: 03-3827-1323

  1. 2013/02/23(土) 09:22:34|
  2. 工房もんも

干支・兎の張り子準備中です。

工房もんも日誌 

2010年10月21日(木)雨 (スタッフ・橋本)

a_blog_101022_01.jpg
(工房前の庭の草木たち。一見放置されているようでいて、じつは程よい手入れ感あります)

やはり荒井良は、雨男。
「つづらシリーズ」の作品を根津のギャラリーまで運ぶというので、シトシトと雨の振る中で工房へ行きました。
紙張り子に水は大敵です。
雨が強くなれば中止とのことで、お天気を睨みつつ、工房で「干支の紙張り子」の話などいろいろと。

来年は、卯年。これからが作業の大詰め。すでに納品の催促も来ています。
年末にかけて、浅草の店「助六」さんに並びます。

写真真ん中が、制作中の「干支のうさぎ」首振りになってます。

a_blog_101022_02.jpg

ひとしきり話しているうちに、雨も止み、作品の移送任務は無事終了しました。
  1. 2010/10/23(土) 18:25:46|
  2. 工房もんも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。